不平不満をもう一つ

今朝も冷え込んで、外気温マイナス・・・明日は雨の予報だから少し暖かいのかもしれないが、体調を整えるのが難しい今日この頃。

昨日も不満を一つ書いたが、もう一つ、書いておく。

先日美容室へ行った時の事。個人経営の美容室。夫婦でやっておられ、忙しい時は娘たちも手伝いに来る。それは問題はないが、料金が、毎回違うのが疑問でならない。

一応、料金表なるものはあり、例えば、カット○○円~と言うような書き方になっていて、レジでお金を払う時に、「○○円です。」と言われ、支払をする。明細があるわけではなく、行くたびに料金が違うのが気に入らない。最初に行き始めてから、髪の長さが10センチ以上変わったとか言う事もない。なのに、支払う料金が違うのは何なんだろうと不思議なのである。

母も行っているので、母に料金の事をいちいち聞くな!と言われていて、聞く事もできない。モヤモヤしている。料金が安くなるのであれば良いがだんだん高くなる。消費税があがったとか、カラーをしたとか、明確にメニューが違うのであれば納得がいく。しかし、メニューは変わっていない。

最初は4,000円(+消費税)くらいだった。それが、今は、6,500円(+消費税)。1年くらいの間に、この差は何なんだ!自分が納得して支払うのであれば、10,000円でも良いが、わからず請求されるというのは、私のストレス要因になる。どこか他を探せばよいけれど、まだ見つけきれていない。次は、1,000円カットに行こうか・・・?

| | コメント (1)
|

«不平不満を一つ